IIJmioの料金に関する評判

IIJmioのチェックすべき項目

株式会社インターネットイニシアティブが提供するサービス「みおふぉん(格安SIMと格安スマホ)」についてご紹介します。格安SIMサービスを提供している企業の中においても、インターネットイニシアティブジャパンは歴史の古い企業で、格安SIMを長く使っている方にとっては、老舗的存在の会社です。格安SIMアワード2015では、最優秀賞の栄冠を手に入れました!その賞を受賞した理由としては、長期にわたって確立したブランドイメージと顧客サポートに力を入れてきた事が評価されています。そんな訳で、今回は、IIJmioのサービス詳細を詳しくまとめましたので、ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

docomo回線を使った格安SIMサービス

IIJmioの回線は、大手キャリアであるドコモの回線をそのまま利用しています。ですので、通話の品質には何の問題もありませんし、サービスエリアもNTT docomoと変わることはありませんので、使う場所を気にすることなく利用することができます。これまでのNTTドコモのスマホをまだまだ使いたいという方にも朗報ですが、大半の機種はそのまま使えます。もちろん、セット販売されているスマホを購入することでも利用できます。docomoのスマホを持っていればSIMカードのみの契約でIIJmioを利用する事が出来ますので、まだまだ決して安いとはいえないスマホ本体の方には予算を振り向けなくて済むというのは、かなりのお得感があると思います。docomo回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

初速バースト!低速時がより快適に。

IIJmioの凄さを実証するものとして、バースト機能が実装されていることがあげられます。このバースト機能とは何かというと、次のようなものです。バースト機能とは、低速通信となっている際の、通信開始時1~3秒程度だけ、高速通信に切り替え、WEBサイト表示などの体感速度を上げてくれる便利なものです。この機能があると、低速状態のときでもインターネットの新規ページが開きにくいというストレスがなく、まだ表示されない!ってイラっとすることがなく、より快適にインターネットを利用できるという、IIJmioにおける目玉機能と言えるでしょう。実は、この機能を提供している業者はまだIIJmioとDMMモバイルしかない模様です。

通信量の翌月繰越

料金プランによって、高速通信容量が異なりますが、月によっては、あまり使わないときもあるはずです。しかし、こういった場合でもIIJmioであれば、残ったデータ量を次の月に移動して使うことができます。利用しきれなかったデータ容量を翌月に繰り越すことができないMVNOもあるため、データ容量を持ち越せるという点が、IIJmioのアドバンテージの一つとなっています。格安スマホだとはいえ、翌月の繰越しシステムを利用して無駄なく使い、さらにお得に使いたいものですね。

子ども・孫と一緒に使える、10人までシェアできてお得!

IIJmioの追加SIMファミリーシェアなら、利用可能なSIMカードの数をこれまでの3枚から10枚までと改定することになりました。家族みんなのスマホをIIJmioにすれば、お使いの携帯の料金との価格差は大きいと感じるでしょう。家族全員分の携帯代を考慮すると、かなり安くスマホ代が節約できます。格安スマホにすることで家族みんながスマホ代金が代金が節約できて嬉しい悲鳴をあげるのもまもなくです。サポート体制が充実しているllJmioですので、初心者の方にも安心です。子供でも安心して使えるように、「みまもりパック」というオプションもありますので、是非検討してみてはいかがですか?

IIJmio月額料金と解約

ここではIIJmioの料金・通信スピードなどを紹介すると共に、そのメリットを解説していきたいと思います。今、月々いくらぐらいスマホ代がかかっていますか?IIJmioに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、把握してみてはいかがでしょう。早速、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

みおふぉんの月額プラン

IIJmioのプランは、SIMにはデータ通信SIMと音声通話SIMの2種類があります。音声通話可能なSIMは今まで通りの070/080/090から始まる電話番号が使えるので、大手キャリアの携帯電話と同じように使いたい人は、SIMはデータ専用ではなく、必ず音声通話付きのものを選んでください。通話SIMの料金は、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円となっています。

データ専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円となっています。

みおふぉんの最低利用期間

IIJmioの解約制限と解約手数料に関して、解説していきます。データSIMの場合、2年縛りのような拘束期間がありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。一方みおふぉんについては、最低12か月の利用が必要になってきます。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、解約手数料9,000円がかかってしまいます。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、最初の13ヶ月さえ解約しなければ、その後はいつでも解約できるのはありがたいですね。

IIJmioの評価

IIJmioのメリットは、顧客満足度が高いサポートの充実さと、技術の蓄積がある古参MVNO企業である事でしょう。2015年に行われた格安SIMアワードでは、満足度部門において、名誉ある最優秀賞を受賞しました。このことからも、顧客満足度の高さが伺えると思います。お客様の立場に立ったサービスを展開しており、機械が苦手だと言う方でも、安心して使えるMVNOであるといえます。

アフターサポートの手厚さと実効速度の安定感が快適!

IIJmioの口コミや評判からわかるように、高速な通信を安定して行えることや、サポート体制が充実していることがわかります。顧客満足度でも評価されているように、総合部門で最優秀賞を受賞しました。以上のことからIIJmioはMVNOの中でもかなり優れているものと言えます。いろいろとあるMVNOの中でも、IIJmioは信頼があり安心して使うことができるものです。基本的に、口コミなどでの評価・評判の良いMVNOですので、格安スマホへの切り替えをご検討中の方には、おすすめできるMVNOではないでしょうか。

IIJmioの通信スピード

MVNOはあまたあれど、IIJmioは、262.5Mbpsのdocomo 4GLTE回線を使った格安スマホサービス。この回線は対応しているエリアが広く速度も安定しています。通信速度は安定的で高速であるため、人々の評判や、反応という面においても、さすがは人気MVNOと言えるだけある、高評価を得ている事が多いようです。安さと速さを兼ね備えた格安スマホを求めている方には、そんな方に最適なMVNOがIIJmioと言えるでしょう。

IIJmioの3日制限

IIJmioでは、低速通信を利用した時に、最近の三日間で使った通信量が多かった場合は、通信速度が制限されてしまうことがあります。高速通信利用中には、この72時間制限の対象にはなりませんので、ご心配は無用です。全ての利用者に偏りのない通信サービスを提供するため、通信データを使いすぎるユーザーには、通信速度の制限を設けております。使用した直近の3日の間においての利用通信量で計算されて、あらかじめ決められた容量を超えたことが分かったユーザーは、速度を低下させた状態で通信を行わせる仕組みになっています。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。

間もなく終了の限定キャンペーン!!