mineoのキャンペーンの詳細をまとめてみた!

mineo料金と解約

mineoの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。今現在ご使用されている会社の料金と見比べて、どこまで安くなるのか、どっちが安いのかを、読んで頂ければと思います。では、月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

mineoの料金プランまとめ

mineoの月額プランは、モバイル機器に使うSIMにはデータ通信用と音声通話機能付のものがあり、それぞれの料金は異なります。音声通話SIMを使うことで、070とか080とか090のつく番号が使えるようになるので、通常通りの携帯電話として使う際には、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。通話SIMの料金プランは、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データSIMの月額費用は、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円です。

mineoの解約縛り

mineoの解約縛りと違約金、これは事前に把握しておきましょう。mineoはMVNOの一つですが、2年縛りなどの契約期間の縛りがない為、解約時の手数料がかからない珍しいMVNOです。「お試し」で格安SIMを利用する場合には、解約違約金は非常にわずらわしいので、mineoは手軽に試せるオススメの格安スマートフォンです。ただし、1年以内にMNP転出する際には12,420円の手数料が発生してしまいます。この点においては、音声SIMを契約する際に注意が必要です。

mineoって?

mineoは格安SIM、格安スマホを取り扱っていてdocomo回線とau回線を利用出来るMVNOです。ドコモ・AU・Softbankといった大手キャリアからの乗り換えならば、月々の携帯代を大幅に節約することができます。毎月の利用料金は1,310円でお安く利用できる格安SIMのmineoが話題となっています。mineoはマルチキャリアに対応した日本で初めてのMVNOで、AUの回線を利用するAUプランか、ドコモ回線を利用するドコモプランの2系統から選べるMVNOです。通話エリアや音質はdocomoやAUと一緒ですので、どこのエリアでも安心して使えます。前置きはこの辺で、mineoのすべてを網羅したまとめになりますので、mineoの良い所、悪い所を分析してみました。

docomoとAU回線を利用した格安SIM・格安スマホ

mineoは、docomo回線プランやAU回線プランを利用したマルチキャリアMVNOです。ですから、通話の品質もdocomoやAUと一緒の高品質な通話が可能ですし、電波のネットワークエリアも全く一緒です。docomoとauと回線が同じなので、今まで使っているスマホが両社のものならばそのまま使用できるので、わざわざ新しいスマホを買う必要はありません。高いスマホを購入しなくても良いというのは、節約家には嬉しい点です!当然ながらmineoでセット販売しているSIMフリースマホを新しく買って使うことも出来ます。品質の良いキャリアの回線を安く利用する事が出来ますし、docomoの回線を使うか、AUの回線を使うか、自身の携帯や状況に合わせてどちらか好きな方のプランにて契約をすることが可能です。ただし、選んだ回線によっては多少価格差が生じるので、検討する際は留意しておきたいものです。

VoLTE(ボルテ)プランも用意

VoLTEに対応するプランをかなり早い段階で用意したのが、mineoです。VoLTEというのは、従来の音声通話よりも格段に音質が改善された、最新の通話方式の名称となっています。従来の通話方式が使えていた周波数帯は300Hz~3.4kHz迄で、実はそれ以外の周波数帯域の音はカットされてしまっていました。新通話方式の「VoLTE」では、50Hz~7kHzまでの音域に対応できるようになりました。今までと比べ、とてもクリアで聞き取りやすい通話が実現しました。この通話音声の向上は、mineoのメリットの一つにもなっています。

データ容量繰り越しもできる!

mineoでは、それに加えて使い切れなかった分のデータ量については、次の月へと繰り越せるようになっているため、月によりデータ量が増減するような方でも、安心して使用できることはとても嬉しいポイントですね。

mineoスイッチを駆使して、通信量を抑える!

mineoでは通信を便利にするためのmineoスイッチも用意されており、自分で通信速度を高速か低速に切り替えられます。データ量の節約にもなるとても便利な機能です。無線LANとmineoスイッチとをうまく併用することで、より安価なデータ量プランでの通信が可能になります。毎月のスマホ代を安くできる方法の一つだと思います。

mineoの通信スピードに関して

mineoの通信速度について説明します。docomo回線プランでは、225MbpsのLTE回線を使えて、AU回線プランでも、最大で225Mbpsもの速度が出ます。回線が混雑している時の通信スピードは、各所で話題になっている通り、キャリア回線の通信速度は安定しています。アクセスが集中する時間帯でも安定した通信速度を求める方には、断然キャリア契約を利用する方が便利です。しかし、料金の安さは比べるまでもないくらい勝っていますし、総合的に見てみると格安スマホのサービスは優れていると思います。

mineo Aプランの帯域制限について

どのMVNOでも変わりませんが、全てのユーザーが平等にご利用いただけるよう、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されます。具体的には3日あたりの通信容量が、上限として設定された容量を超えた利用者に対して 、読み込み速度が遅くなる低速モードになります。直近3日間の通信量が規定値を下回れば、自動的に解除となります。通常使用の範囲を超えない限りは、速度制限にかかる心配は必要ありません。mineoの場合、契約プランごとの規定値は決められておらず、Aプランは、全プラン共通で3日で3GBが規定値に設定されています。

mineo Dプランにおける72時間制限

mineoのドコモプラン(Dプラン)では、直近の3日間のデータ通信量に基づく速度の制限はありません。用途によって日々のデータ通信量が一定ではない方は、AUの回線プランであるAプランよりもDプランで契約を行った方が、3日制限の心配もなく利用できます。その辺りも考慮されて、どちらのプランが良いか検討されるのが良いです。

間もなく終了のキャンペーン